2015年9月27日

どのように作る!動画配信用コンテンツ作成の手掛かり

コンテンツ作成に欠かせない!ビデオカメラを用意

インターネットの分野で流行しているのが、動画配信サイトの利用です。世界中の人々が、それぞれに動画をサイトにアップロードしています。自己表現の一つとして、注目できます。動画を作成するためには、まずは撮影のための機材が必要ですね。動画撮影では、なによりビデオカメラが必要です。今ではデジタルのビデオカメラが主流となり、安価で高性能な製品が次々と販売されているため、高画質な動画配信用の映像コンテンツを撮影できるでしょう。

どれを選ぶ?動画配信用映像の音声の録音方法

映像作品で重要なポイントとして、音声も見逃す事ができません。映像と音声が合わさることにより、臨場感あるコンテンツを作ることができます。ここで判断が必要であるのが、録音用のマイクをどのように確保すべきであるかですね。映像撮影用のビデオカメラには、標準的にマイクが備え付けられている事が多いです。しかし、本格的な動画配信用の映像コンテンツを作るのであれば、録音専用の機材を使うと高品質な音声が録音可能です。

パソコンとソフトで配信用映像を自由に編集!

撮影した動画や録音音声は、そのまま動画配信サイトにアップロードすることも可能ではあります。しかし、見る人に評価してもらいたいのであれば、動画編集は欠かせないでしょう。編集の方法次第で、動画コンテンツの質は大きく変わります。デジタルの映像や音声のデータは、パソコンで自由に編集することができます。また、動画編集には編集用のソフトウェアも使用することから、撮影を行うにあたり選定を済ませておくのが確実です。

ストリーミングはデジタルデータをリアルタイムで分割し送信するシステムで、データを細分化して送信できるため回線が細くても安定して送受信可能です。