2015年8月24日

HTML,CSS,JavaScriptを知ろう!

HTMLの意味を知ろう!

HTMLとは、web制作するためには一番忘れてはならない、基本中の基本ですね。webサイト用の文書を書く言語のことを指します。また、HTMLを勉強するためにはマークアップというのも必要になります。文書の中で要素を決めていかなければならないのですが、その目印であるタグと呼ばれるものを付けていく作業があります。この作業がマークアップになります。HTML文書を作っていく際にはマークアップ作業をしてweb制作の骨格を作っていきます。

CSSを知っていこう!

CSSはwebページにおけるデザインの部分を作るものです。前はCSSというものは存在せず、HTML文書にまとめて書いていたのですが、CSSが登場したので記述が楽になりました。CSSではデザインの部分全般を記述していきます。webページでデザインに凝っている方はCSSに手に力を入れていると考えておかしくないかもしれませんね。webページをどのような見栄えにしていくかは制作者のCSSの知識量やセンスにかかっているのです。

JavaScriptを知っていこう!

JavaScriptでは、webページの動作を決めていくために必要なものです。プログラミング言語で、webページを組み込むことにより、HTML文書に動きが生まれます。JavaScriptを上手く使いこなせれば、webページに時計機能が生まれたり、検索機能が表示されたりとwebページが明るくなったり、楽しみが増えたりしていきますよ。JavaScriptプログラミングの知識を増やしてwebページに魂を吹き込みましょう。

web制作は自社の商品やサービスの魅力を伝えられるサイトが作れる、ノウハウや実績が豊富な企業に任せることが大事です。