2015年8月24日

ネガティブをポジティブに!!企業紹介サイトの風評被害対策

風評被害対策とは何なの?

インターネットが普及し、掲示版やSNS、その他コミュニケーションサイトに誰もが手軽に書き込みを出来るようになった2015年現在では、企業の評判が瞬時に調べられるようになり、商品購入やサービス利用前にそれを確認してから行動する人が増加しています。しかし、過去のミスが表に出回りそれが書き込まれれば、たちまち検索結果上位に出るようになり、売上総利益に悪影響に繋がることもあるのが現状です。それをIT技術の観点から抹消するのが風評被害対策といえます。今回は、風評被害対策について説明します。

逆SEOでネガティブな書き込みをシャットアウト!

自社をインターネット検索し、ネガティブな書き込みが上位に表示されていたら経営面で不快ですよね。その書き込みにより、顧客離れが加速し、売上が下がれば今後の経営にも悪影響が出やすくなります。そんな場合は、webエンジニアによる逆SEO対策が効果的です。これは、企業努力などの良い面や利用者の感謝の言葉などを検索結果上位に表示させ、掲示版などにありがちな批判的な内容を表示させにくくするものです。この方法により、企業の良い面が強調されるため、信頼回復にもつながりますよ。

風評被害へは企業努力で打ち勝つことが大切

批判的な書き込みは、ほとんどの方が不快に思うものであり、特に企業にとっては売上に悪影響が出かねないこともあり得るのが現状です。しかし、商品購入者やサービス利用者も人間である以上、企業努力により信頼回復に繋がることがあります。また、信頼回復の為に行った取り組みをサイトに掲載し、ポジティブなイメージを発信し続けることで、売上が回復できたという企業も存在します。それに加えて逆SEO対策を利用すると批判的な内容が表示させにくくなることでしょう。

根拠がない悪口などで納得がいかないときでも、第三者からの視点で自分を見直してみるというのも誹謗中傷対策として有効な第一歩です。