2015年8月22日

これで長く使用できる!?パソコンの故障を防ぐ方法

パソコンが故障すると・・・

パソコンを使えば、仕事やブログの記事を書く時などに役立つだけでなく、持ち運びが可能なものならば自分の好きな場所で空いた時間にやりたいことができますよ。しかし故障してしまうと、パソコンに保存されている大切なデータを失ってしまうことがあるので仕事などに悪影響が出ることがあります。また、修理や買い替えをすることになると費用も高くなるので、普段からパソコンが故障しないように対策をしっかりとる必要があるでしょう。

パソコンを濡らさないことが大事

まずパソコンを使う時に、近くに窓がある場合には雨が入ってこないか確認し、入りそうならば周辺に置かないことで雨に濡れることを防げるでしょう。雨以外にも飲み物がキーボードにこぼれてしまうと、故障の原因になるので、作業中は飲み物の置き場所に注意し、もしこぼしてしまったら早めに電源を切って、コンセントを抜き、布などで水分をよく拭き取ったらドライヤーなどを使わずに自然に乾かすといいですよ。ただしこぼした飲み物の種類や量によっては分解しないと修理が難しく、分解の知識が十分無いと故障してしまいます。

ウイルス対策も忘れずに・・・

パソコンがウイルスに感染してしまうと、使用できなくなるだけでなく、内部のデータが他人に見られる危険があるため、怪しいと思うサイトやメールは見ないようにしましょう。また、信用ができるウイルス対策ソフトを使用することも必要ですよ。他にも通風孔が埃で汚れないように定期的に掃除をしたり、持ち運ぶときに落下しないように慎重に扱うなどの対策を行うとパソコンの故障をある程度防げるようになりますよ。そして故障した後の被害を減らすために普段から大切なデータはバックアップをするといいでしょう。

中古パソコンとは新品と異なり、すでに人が購入し使用したパソコンのことをいいます。買い換えるなどして使わなくなったパソコンを売却し、中古として販売されることが多いです。